Wood Shutters、可動ルーバー建具、鎧戸(よろいど)
製品概要可動ルーバー窓装飾建具仕上と形状仕様

ウッドシャター 仕様

製品名ウッドシャター
(横・縦2種のルーバータイプ)
材 質バスウッド(basswood シナノキ)無垢材(一部集成材)
ルーバーの形状と巾 8種類
フラットタイプ(先端が合い決り形状)58、86、112mm
平行四辺形 34mm
流線型タイプ 64、89、114mm
流線型合い決りタイプ 89mm
(特注形状、巾のルーバーも可、別途お問い合せください。)
パネル1枚あたりの製作可能面積2.7m²(縦ルーバータイプ 3.6m²)
パネル1枚あたりの製作可能寸法 巾 260〜900mm(縦ルーバータイプ 〜1200m)
高さ 〜3000mm(最小高さはルーバー巾により決まります。)
横ルーバータイプでパネル高さ1801mm以上の場合は中間に1本の中桟が入ります。
縦ルーバータイプの場合はパネル高さ(DH)900mm毎に中桟が入ります。
ルーバー(羽根)開閉 ラックアンドピニオンギア方式 RP26(※)
製作単位 ミリ単位
仕上色 標準73色、特注色も対応します。
パネル開閉片開、両開、折戸、引戸など

主なオプション(有料)

チルトロッド羽根角度操作棒、流線型タイプルーバーのみに対応、パネルと同色仕上
ルーバーロックルーバーの角度を任意の位置で堅く固定しておく事ができます。ブロンズ、又はニッケル仕上
取付丁番ホワイト・ブロンズ、又はニッケル仕上
マグネットキャッチ開戸、折戸の場合
取付枠シャターパネルを取り付けるための枠
仕上色 シャターパネルと同色
特注色可(別途お問い合せください。)
電動ルーバータイプ可(別途お問い合せください。)

その他
● 色々な取付け方法を示した<納まり参考図>等の詳しい資料が別に用意されています。お申し付けください。
●他の樹種や素材、そして記載の寸法を超えるパネルを製作する場合は別途ご相談ください。
●特注形状、巾のルーバーや特色、オレフィンシート、突板仕上げ等も製作可能です。別途ご相談ください。
●ウッドシャターの各種ルーバーとルーバー開閉機構部(チルト機構部 RP26)を組立てた、可動ルーバーユニット(サブアッセンブリーユニット)の販売もいたします。別途お問い合せください。

(※)RP26
ルーバーをチルト(回転)させる駆動機構でウッドシャター(可動ルーバー建具)に標準装備されます。
框(縦ルーバータイプは桟)内に組込まれたラックアンドピニオン方式のルーバーチルト機構で、一枚のルーバーを開閉操作すると全てのルーバーがスムーズに精度良く同期(シンクロ)し、開閉します。(特許出願中)
パネルの面に露出した従来型のチルト棒による駆動方式とは異なり、連動精度の良さだけでなく耐久性、意匠性にも優れたナニックオリジナルの駆動機構です。
(電動ルーバータイプも用意されています。)


パネルの構造と部品名

パネルの構造と部品名




横ルーバータイプ寸法図

(本図のルーバーはフラットタイプです。)
寸法図


縦ルーバータイプ寸法図

(本図のルーバーはフラットタイプです。)
寸法図


      ※ パネル1枚当たりの寸法が巾900mm、高さ3000mmを超える場合は別途ご相談ください。
ページトップへ

シャター開閉方式

シャター自体の開閉は、1枚パネルの片開き、2枚あるいは4枚パネルの折戸、引戸、ドアなどいろいろなタイプが製作できます。
また、下記以外の取付方法もありますのでご相談ください。

ページトップへ

ルーバー(羽根)タイプ

ルーバータイプ

      ※ フラットタイプのルーバーは、先端が合い決り(あいじゃくり)の形状となっております。
       直線的で、シンプルモダンなモデルです。
      ※ 流線型タイプのルーバーは、ソフトな美しさが特徴のモデルです。
       また、オプションでチルトロッド(羽根角度操作棒)の取付けが可能です。
ページトップへ

注文仕様を決めるときのポイント・手順

ページトップへ
Copyright © Nanik Japan, Inc. All rights reserved.